美しい口元にAesthetic Dentistry

本当に美しい口元とは?

口元にコンプレックスを抱えている方
「人前で話しづらい」「思いきり笑えない」
と悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか
本当に美しい口元とは
「審美」という言葉で一般的に表現される治療は、虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美」という観点をプラスした歯科治療です。
歯を白くキレイにしたり、歯並びをキレイにしたりすることで、健康的で美しい口元に改善することができます。

しかし、これは見せかけの美しさだけを求めたものであってはいけません。
口元の健康美には2つの側面があります。
・美的 … こぼれるような白い歯、美しい歯並び、顔や表情と調和した口元
・機能的 … よい噛み合わせ、正確な発音、清潔な歯と歯茎
審美的なものを求める治療により、見せかけではない真の健康美・美しい笑顔を手に入れていただくことが、ご自分に自信を持つことにつながり、ひいては人生をより豊かにし、可能性を広げてくれることにもなるのです。
私たちは、喜んでそのお手伝いをさせていただきます。

当クリニックの強み

仮歯からこだわって作っています

天然の歯と変わらない美しい歯(つめもの・かぶせもの)を提供するために、私たちは「仮歯作り」からこだわります。
天然の歯と変わらない美しい歯(つめもの・かぶせもの)を提供するために、私たちは「仮歯作り」からこだわります。仮歯とは、最終的な歯が出来あがるまで入れておく「テスト用の歯」のこと。

患者さまの多くが、「仮歯は、歯がない箇所を隠す"目隠し"のようなもの」と考えてらっしゃいます。しかし、審美歯科が成功するかどうかは、仮歯にかかっているといっても過言ではりません

何度もテストを繰り返して作った仮歯のデータをもとに、最終的な歯を製作することで、天然の歯により近い歯を製作することができるからです。
当クリニックの強み1
当クリニックの強み2
当クリニックでは院長自ら、ミクロン単位で仮歯を調整していきます。色・カタチなど何度も調整を重ねることで、仮歯の精度(見た目の美しさ、機能性)を高めていきます。

より美しく、よく噛めるために。つめもの・かぶせものを検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

ちなみに院長は大学では補綴(*)を専攻。歯学博士号も修得しています。いわば、かぶせもの・つめもののエキスパートというわけです。

*ほてつ。かぶせもの・つめものを含む人工物で補う治療の総称。

治療方法の種類について

 オールセラミック

「オールセラミック」とは、歯を全体的に薄く削ってセラミック製のクラウン(被せ物)を被せる治療法です。
オールセラミックの利点
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・歯並びやかみ合わせの改善にも利用できる
・金属を一切使用しないため、歯茎の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ
・セレミックの表面にはプラークが付着しにくいので、虫歯や歯周病の予防になる
・変色しない
・劣化しづらい
オールセラミックは、長年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯のような美しさを保ちます。
*歯の土台が必要な場合は、ファイバーコアをお勧めしております。
オールセラミックの欠点
・モノによっては強度の心配がある
・金属の支台や変色歯では黒ずんだ色になるモノもある
プレミアムオールセラミッククラウン
作製する技工士に立ち会ってもらい、患者さんの口腔内をみてから、患者さんの希望に沿った色調や形態をつくるもっとも精緻なオールセラミッククラウン。

〇強化型オールセラミッククラウン
内部フレームに強度の高いジルコニアを使用しています。その上にセラミックを何層にも積み上げることにより自然な色調と形態を再現することができます。  強度があるので、前歯部のみならず臼歯のブリッジにも適用できます。

〇オールセラミッククラウン(e-maxなどのフレーム)
透明感のあるセラミックフレームの上にセラミックを何層にも積み上げることにより、自然な色調と形態を再現することができます。
もっとも透明感を与えることができますので、前歯部に最適です。

〇フルジルコニアクラウン
全てを強度の高いジルコニアにて作製します。規格生産されたジルコニアブロックをミリングマシーンで削り出しますので、最も強度を安定性が得られます。色調は規格化されていますので、細かな色の再現はできません。
ただし、色調が一致している場合、前歯部にも適用できる場合があります。
強度があるので臼歯部の治療、特にブリッジ治療に最適です。

〇セレッククラウン
規格生産されたセラミックアブロックを院内のミリングマシーンで削り出しますので、低価格でセラミッククラウンを提供できます。

 セラミックインレー/ハイブリッドインレー

セラミックインレー
「セラミックインレー」とは、セラミック製のインレー(つめもの)を使用した治療法。
「ハイブリッドインレー」とは、セラミックとレジンという樹脂とを混ぜ合わせた素材を使用した治療法です。
従来の「銀歯」では、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていましたが、セラミックインレー、ハイブリッドインレーはこのような欠点をカバーしてくれる詰め物です。
セラミックインレー/ハイブリッドインレーのメリット
・自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる
ハイブリッドインレー
*ハイブリッドインレーは、長年使用していると若干の着色が認められますが、セラミックに比べると割れにくいというメリットがあります。
このため、臼歯部のインレーの場合、ハイブリッドをお勧めするケースが多くなります。

 ファイバーコア

「ファイバーコア」とは、神経をとった後に歯をかぶせるときに使う土台の材質の一種です。
神経を取った歯はもろくなってしまうため、補強のための土台が必要なのです。

この素材は細いグラスファイバーの繊維を樹脂で固めたピンのようなものです。
このピンの周りを歯の色に似たグラスファイバー強化型樹脂でコアの形に整えます。
ファイバーコアのメリット
・天然歯に似た適度な、しなやかさがある
・衝撃を吸収することで根を壊しにくく歯にやさしい
・光の透過が天然歯に近く、とても自然で美しい仕上がり
・コアからクラウンまでまったく金属を使用しなければ、金属アレルギーの心配がない
メタルコア(保険)とファイバーコアを透過光で比較すると、違いがはっきりします。
メタルコア
メタルコア
ファイバーコア
ファイバーコア
・メタルコアを使用した場合、その部分が黒く沈んで見えます。
・ファイバーコアを用いた場合、影となる部分がなく、中から輝く、自然感のある色調が再現できています。

 部分矯正

部分矯正
「年のせいか、歯ぐきが下がって歯が前に出てきた」
「歯を抜いたところのまわりの歯が倒れこんできている」
という方はいらっしゃいませんか?

そんな症状がある場合、"部分矯正"をオススメします。
部分矯正とは、患者さまが気になっている部分だけを矯正する治療方法です。

また、かぶせものなどを入れた時、歯と歯のあいだに隙間がなくなり、ブラッシングがしにくくなることもあります。そんなとき、部分矯正で歯を動かし隙間をつくることで、虫歯・歯周病を予防できます

*ケースによっては、部分矯正では本格的な歯列矯正をしなければならないこともあります。
どうするのが患者さまの健康によいのか、そして患者さまの求めるものにあっているのか、一緒に考えていきたいと思っております。

 セレック治療

cerec
セレック治療は口腔内の形態を3Dカメラでスキャンしてデータを取り込み、コンピュータを使って詰め物や被せ物を設計し、ミリングマシンでセラミックブロックを削り出す、精度の高いCAD/CAMシステムを用いた治療法です。
セレックシステムによる治療では、歯を削ってから、1~2時間ほどで人工歯を装着でき、治療が完了します。短期間で治療が終わりますので、忙しい患者様におすすめです。
セレックブロックの特徴
1.高い耐久性
従来のセラミックは技工士さんの手作業でセラミックの材料を盛り上げて作っているため、
気泡や目に見えない小さなヒビが入っている可能性があります。
それに対し、セレックブロックは工場で機械によって規格生産されているので、
強度が均一で安定した性状をしており、高い耐久性が保証されています。

2.天然エナメル質と同程度のシェード、強度、耐摩耗性
セレックブロックの透明感や色調は天然歯のエナメル質に似しているので、お口の中で自然に見えます。
また、セレックブロックも他のセラミックと同じで、経年的な変色がないため自然さが長続きします。
セレックブロックはエナメル質と同じ強度と摩耗性なので、噛み合う歯に対してやさしいと同時に、
詰めている隙間が空いてくることが少なくなりました。
従来の金属つめものは歯に比べて強度や摩耗性が異なるため、経年的に歯と金属の間に段差ができることがあります。
その点セラミックはエナメル質と同程度の摩耗度であるため、数年経っても色や形を保つことができるようになりました。

※従来のセラミックは技工士さんの手作業でセラミックの材料を盛り上げて作っています。手作業の場合気泡や目に見えない小さなヒビが 入っていることが多く、強度があまり出すことが出来なくなります。
それらに対しセラミックで使用する材料は工場で機械によってプレスされて固められた、強度が均一で安定したセラミックブロックを
削って作るので、割れにくく強度が高くなります。
ただ、規格生産された色一辺倒のため見た目においては技工士さんが手作業で作るセラミックよりは若干劣ります。

このようなメリットとデメリットをご理解いただいた上で、どのような修復物を使用するかご判断ください。

セレック治療の特徴

光学印象
セラミック治療をうけるとなると、従来では歯型を採るために粘土のようなものを一定時間噛んでいました。これを不快に感じていた方は多いのではないでしょうか。しかい、セレックでは専用の光学カメラで撮影し、コンピューターで読み取るのでそのような心配がありません。
短時間
通常人工歯を作製する時は、歯型を採取し石膏などで模型を作り、その上で歯科技工士が作製します。一般的に技工士が作成する場合は、最低1週間程度の期間が必要です。当クリニックのセレックシステムの場合は、院内のミリングマシンで設計でしたがってセラミックブロックを削り出すことが出来るため、その日に人工歯を装着することも出来ます。
ただし、口腔内の状況にもよりますのでご相談ください。
虫歯の再発予防
保険で出来る金属やコンポジットレジン(ハイブリットセラミック)はプラーク(細菌)がつきやすく、また詰めた境目で段差が経年的に手で来るので、残念ながら再度虫歯になる可能性はどうしてもあります。一方セラミックスは電荷を帯びず、プラーク(細菌)が付着しにくいため、保険のものに比べて再び虫歯になりにくという特徴があります。また金属アレルギーの心配もありません。

治療の流れ

  • Step 01カウンセリング

    ステップ01

    セレックに限らず、カミノデンタルクリニックでは治療前に必ずカウンセリングを行っております。カウンセリングをきちんと行うことで、治療プランを立てることができため、患者様は安心して治療を行っていただけます。またきちんとメリットとデメリット、費用についてもご説明いたしますので、不明点などがあれば遠慮なく仰ってください。
  • Step 02治療

    ステップ02

    インレーやアンレー、クラウンを入れるために、虫歯になっている箇所の治療を行います。
  • Step 03スキャン

    ステップ03

    治療が終わったら、専用の口腔内スキャナーで口内をスキャンします。このスキャン技術により今まで粘土で型を採っていた作業がなくなります。 スキャンされたデータは瞬時に専用の機械へ反映されます。
  • Step 04修復物の作製

    ステップ04

    スキャン後、生成された腔内の3Dデータを基に修復物の設計を行います。
    歯の色や咬み合わせを考慮し、患者様にとって最適な人工歯を作製します。
  • Step 05削り出し

    ステップ05

    セラミックブロックをミリングマシンにセットし、STEP4で作成したデータを基に削り出しします。所要時間は約5~10分ほどと、とてもスピーディーです。
  • Step 06装着

    ステップ06

    ミリングマシンでの削り出しが終わったら、出来上がった人工歯を綺麗に研磨し微調整を行います。その後、治療が済んでいる箇所に装着いたします。 装着後は更に微調整を行い、より馴染みやすくします。

セレック治療のデメリット

  • 01

    強度が弱い
    強度はジルコニアより劣ります。そのためTCH(歯の接触癖)や噛む力が強い方、歯軋りや食いしばりのある方は破折する事があります。
    また、ブリッジには用いることはできません。このような場合は、ジルコニアセラミックスによる治療をおすすめいたします。
  • 02

    細かな色調や形態
    セレックブロックは規格化されたブロックなので、グラデーションブロックを用いたとしても患者さんごと歯の色に合わせるということは難しいと言えます。その点、通常のセラミックだと歯科技工士さんが患者さんに合わせて色や形を仕上げます。そのため、出来上がりはほとんど自分の歯と同じ程度に仕上げることができます。より審美性を求める場合、特に前歯部は、ジルコニアを用いたセラミック治療をおススメします。
  • 03

    削る量が多い
    セラミックを用いた治療方法は、セラミックの強度を保つために、金属やコンポジットレジン修復よりも、若干形成量が多くなってしまいます。あまり歯を削りたくない、という場合は、コンポジットレジンやゴールドによる修復をおすすめいたします。

虫歯の再発予防

保険でも自費でも。患者さまが納得できる診療を


残念ながら歯の詰め物・被せ物は一生ものとは言えず、再度虫歯になる可能性はどうしてもあります。
ですがセラミックは電荷を帯びず、プラーク(汚れ)や細菌が付着しにくいため、
保険でできる金属やコンポジットレジン(ハイブリッドセラミックj)のものに比べて再び虫歯になりにくいです。

よくある質問

セレックではどのような治療が対応できますか?
インレーやアンレー(詰め物)やクラウン(被せ物)全般の作成が可能です。また歯の表面に貼り付けるベニアも作製できます。 ただ、歯の状態によっては対応できない場合もありますのでまずは一度ご相談ください。
通院回数はどれくらいかかりますか?
治療を行う前にまずカウンセリングを行います。その際に口腔内の状態を確認し、最適なプランを立てます。 そのため、通院回数は歯の状態にもよるためまずは一度ご相談ください。
金属ではなくセラミックの方がいい理由は?
金属の場合、アレルギー症状が出たり歯茎に黒ずみが発生する可能性があります。ただセラミックであればアレルギー症状はもちろん、 金属が溶け出すことによる歯茎の黒ずみを防ぐことが出来ます。
セレックは保険治療可能ですか?
セレックは自費診療となります。ただ、長期的なコストで考えると費用対効果を得ることが出来るため、当院ではオススメしております。